閉じる

ジャパンタイムズ デジタルサービス規約

第1章 総則

第1条 定義

ジャパンタイムズ デジタルサービス規約(以下「本規約」といいます)について、以下の用語は以下に定める意味を有するものとします。

1. 「当社」とは、株式会社ジャパンタイムズのことをいいます。
2. 「会員サービス」とは、「ジャパンタイムズ会員サービス」のことをいいます。
3. 「会員規約」とは、「ジャパンタイムズ会員サービス規約」のことをいいます。
4. 「会員」とは会員サービスの登録者のことをいいます。
5. 「ニュースサイト」とは当社が提供するニュース配信用ウェブサイト(URL: https://www.japantimes.co.jp/)のことをいいます。
6. 「ePaper Edition」とはPress Reader Inc.(カナダ、ブリティッシュコロンビア州本社)のプラットフォームを用いたデジタル紙面閲覧サービスのことをいいます。
7. 「当サービス」とは、当社が会員サイト及びニュースサイト、emailを介して、パソコン、タブレット、各種携帯端末で閲覧できる有料電子情報サービスの総称のことをいいます。
8. 「アカウントID」とは、当サービスを利用するために必要となる会員識別IDをいいます。アカウントIDは、会員サービス利用登録時に登録したIDです。
9. 「My Account」とは、会員サービスが提供する、会員専用ページのことをいいます。
10. 「個人認証情報」とは、会員サービス及び当サービスを利用するために必要なアカウントID、パスワードのことをいいます。
11. 「デジタル購読者」とは当サービスを利用する個人のことをいいます。
12. 「デジタル購読申込者」とは新たにデジタル購読者になろうとする者のことをいいます。
13. 「購読プラン」とは、当サービスが提供する個別サービスの種別のことをいいます。
14. 「デジタル購読契約」とは、当社とデジタル購読者の間に成立する、購読プランの利用に関する契約のことをいいます。
15. 「デジタル購読料金」とは、購読プランの利用料金のことをいいます。
16. 「初回申込」とは、デジタル購読契約が初めて成立した場合のことをいいます。 但し、アカウントID毎に適用されるのではなく会員毎に適用されます。
17. 「プラン変更」とは、契約期間途中に、現購読プランから他の購読プランに契約を切替えることをいいます。
18. 「登録情報」とは、デジタル購読者が登録した情報のことをいいます。
19. 「個人情報」とは、当社が取得した、会員及びデジタル購読者、デジタル購読申込者に関する個人を識別できる情報のことをいいます。
20. 「プライバシーポリシー」とは、当社のプライバシー保護指針を定めた規約、「The Japan Times Online プライバシーポリシー」のことをいいます。

第2条 適用及び適用範囲

1. 本規約は、デジタル購読者、デジタル購読申込者及び当サービスが提供する全てのコンテンツの利用について適用されます。
2. デジタル購読者は、本規約の内容に全て承諾していることが前提となります。
3. 本規約に定めがない事項については、別段の定めがない限り、又はその性質に反しない限り、会員規約の各条項が直接又は適切な読み替えを行ったうえで適用されるものとします。本規約において会員規約と異なる事項を定めた時は、本規約の定めが優先して適用されます。
4. 本規約は宅配による「The Japan Times/The New York Times」の定期宅配購読(以下、新聞購読といいます。)には適用されません。新聞購読をするには、新聞購読契約が別途必要です。
5. 当社が別途定める特約、総合ガイド、利用案内、ヘルプその他の諸規定(以下、総称して「特約等」といいます)も本規約の一部を構成します。本規約と特約等の定めが異なる場合は、特約等の定めが優先して適用されます。
6. 本規約は随時改訂されることがあります。改訂された本規約は、特段の定めのない限り、ニュースサイト上でその内容を告知した時点より効力を生ずるものとします。但し、料金改定については第4条9項に定める条件に従います。

第2章 購読申込
第3条 購読申込資格

1. 当サービスの利用には、会員サービスへの登録及び当社所定の申込み手続きが必要となります。
2. 所定の申込み後、当社が申込みを承諾した時点に、デジタル購読契約が成立するものとします。尚、所定の申込みをもって、会員規約及び本規約に同意したものとみなします。
3. デジタル購読料金の支払いはクレジットカード決済によるため、当サービスの利用は、別紙1に定める「利用可能なクレジットカード」に記載がある本人名義のクレジットカードをお持ちの方に限ります。
4. 当社は、以下の場合にデジタル購読申込みを承諾しないことがあります。デジタル購読申込みを承諾しない場合の判断理由はデジタル購読申込者には開示いたしません。また、デジタル購読申込者は、その判断の結果に対して異議を述べることはできません。
(1) 登録情報に、不備や虚偽の記載がある場合
(2) デジタル購読申込者が指定したクレジットカード決済について、クレジットカード会社、金融機関等により利用停止処分等が行われている場合など、支払いが困難と認められた場合
(3) 当社の業務の遂行上又は技術上、支障がある場合
(4) その他当社が不適当と認めた場合

第4条 購読料及び支払方法

1. デジタル購読申込者は、当サービスの利用申込みにあたり、別紙に定める「デジタル購読プラン一覧」から、購読プランを選択する事ができます。
2. 当サービスが提供する購読プランの購読料金は、購読プランごとに設定されています。購読料金は申込時に表示され、申込完了によって表示された購読料金を支払うことに同意したものとします。
3. 月払課金日については、申込日を基準にし、毎月同日より翌月の同日までを1か月とし、毎月同日を当月の課金基準日としています。(いずれも日本標準時)但し、申込日の翌月に同日が存在しない場合は翌月の末日までを1か月とします。
例)5月31日申込、翌月に31日が存在しないので6月30日までを1か月とします。
4. 年払い課金日については、申込日を基準にし、翌年の同日までを1か年とし、毎年同日を当年の課金基準日としています。(いずれも日本標準時)但し、申込日の翌年に同日が存在しない場合は請求日が変更される場合があります。
5. 契約期間途中に他の購読プランを申込んだ場合、申込当月分のデジタル購読料金が無料となるケースを除き、デジタル購読契約成立時に当月のデジタル購読料金を課金します。
6. 購読契約中に解約またはプラン変更の申し出が無い限り、課金基準日における同じ購読プランでのデジタル購読契約が自動更新されます。
7. デジタル購読契約の期間中は、当サービスの利用の有無にかかわらず、所定のデジタル購読料金が課金されます。
8. 当社はいかなる場合も、既に支払われたデジタル購読料金等の払い戻し義務を負いません。
9. 当サービスの料金改定がある場合は、事前に当サービス内(電子メールを含む)、会員サイトにて告知及び通知した上で、当該改定が有効となる月から改定された料金で決済します。
10. デジタル購読料金の支払いは、クレジットカード決済となります。締め日など、クレジットカードの規定については、各クレジットカード会社へ確認してください。
11. 当サービスはクレジットカード決済のため、領収書の発行はいたしません。My Account内で履歴を確認ください。

第5条 決済通貨

1. 当サービスのクレジット決済は、以下の通貨を利用することができます。
(1) 日本円
(2) USドル
2. 利用するクレジットカードの発行国の通貨以外でのクレジット決済を選択した場合の通貨換算レートに関しては、クレジットカード会社が発行する利用代金明細書を確認するか、利用するクレジットカード発行カード会社へ確認してください。
3. 利用するクレジットカード発行国の通貨以外で決済された申込みを取り消す場合、申込時点と取消時点との為替レートの差により、為替差損益が発生する事があります。また、クレジットカード会社によっては、取引の取消にも関わらず海外利用手数料がかかる場合もあります。取引の取消についてはクレジットカード発行会社により規定が異なりますので、詳細は利用するクレジットカードの発行会社へ直接確認してください。

第6条 クレジットカード決済業務の委託

1. 当社は、当サービスに関するクレジットカードによる決済業務をストライプジャパン株式会社(以下「ストライプ」といいます)に委託します。当社は、デジタル購読者のクレジットカード番号と有効期限及びそれだけでは個人を特定できない内部的な識別コードをストライプに開示、提供します。
2. デジタル購読申込者は、ストライプがデジタル購読料金の決済を代行すること及び決済のために必要な情報を当社がストライプに開示、提供することを了承するものとします。
3. 当社はストライプに本条1項で示した必要事項を開示、提供した後、デジタル購読者のクレジットカード番号と有効期限の情報を消去し、保持しません。

第7条 サービス

1. 当サービスは、当社指定の動作環境において利用することができます。
2. 当サービスの利用には、個人認証情報による認証が必要です。
3. デジタル購読者は、当サービスを利用するために必要な機種、機器、設備、オペレーティングシステム、ネットワーク及び通信環境等を、自己の費用と責任で準備するものとします。
4. デジタル購読者が使用する機種、機器、設備、オペレーティングシステム、ネットワーク又は通信環境等により、当サービスの利用に制約が生じる場合があります。
5. 当サービスの、各プランにおける更新時間、課金基準日時点などの定めは日本標準時に従います。

第3章 登録情報
第8条 登録情報の確認、変更

1. 会員及びデジタル購読者は、My Account内で自己の登録情報を確認することができます。
2. 登録情報に変更が生じた場合、デジタル購読者は、速やかにMy Accountから登録情報の変更手続きをするものとします。手続きをしなかったことによりデジタル購読者が不利益を被ったとしても、当社は一切責任を負いません。

第9条 個人情報

1. 当社は、個人情報を、プライバシーポリシーに従って厳正に管理し、適切に取り扱います。
2. デジタル購読者がデジタル購読契約を解約、終了した場合であっても、会員規約に基づき当社所定の手続きによって会員サービスから退会しない限り、当社は当該デジタル購読者に関する個人情報を消去せずに保有し、プライバシーポリシーに従って取り扱います。
3. 当社は、デジタル購読者がデジタル購読契約の解約、終了及び会員サービスから退会した場合も、デジタル購読者へのデジタル購読料金の請求履歴、支払履歴など、法令上保管の必要のある情報を当該法令に従い保管します。また、運営に必要な範囲で個人情報を保有し、プライバシーポリシーに従って取り扱うものとします。
4. 当社は、個人情報を、次の各号に定める範囲内で利用します。また、当社は、あらかじめ当該個人情報の当事者の同意を得た場合、その同意を得た範囲内で個人情報を利用することがあります。
(1) 当サービスの提供及び当サービスに関わる業務(購読申込み、解約手続き、購読確認、再契約案内、請求、決済、集金、その他関連する通知、連絡など)
(2) サービス向上のための調査、アンケートの実施、分析
(3) 当サービスの広告主、提携企業等の商品、サービス等に関する案内
(4) 当社で扱う新聞、書籍や各種サービスの案内

第4章 解約、購読停止
第10条 解約

1. デジタル購読者は、デジタル購読契約を解約する場合、当社所定の方法で解約手続きを取るものとします。
2. 月払いの購読プランの初回申込時に限り、申込から一定期間のデジタル購読料金が無料となります。但し無料期間内の解約はできません。
3. 各購読プランのデジタル購読契約は、契約期間途中に解約手続きを行った場合、次の課金基準日の前日まで購読いただけます。
4. 各購読プランのデジタル購読契約は、契約期間途中に解約手続きを行った場合も、デジタル購読料金を全額課金し、日割り料金の返金はいたしません。
5. デジタル購読者による個人認証情報の紛失、その他デジタル購読者に帰すべき原因により解約ができない場合であっても、当社は解約のために対応する義務はないものとします。
6. デジタル購読者は、デジタル購読契約を解約・終了した場合でも、無料の会員として継続してニュースサイトを利用いただけます。
7. デジタル購読者の資格は、本人のみ有効です。当社はデジタル購読者の死亡を覚知した時点をもって、第1項に定める解約手続きがあったものとして取り扱います。
8. 当社は、本条に基づき行った行為によりデジタル購読者に生じた損害について一切責任を負いません。

第11条 契約の解除及びサービスの停止

1. デジタル購読者が次の各号のいずれかに該当する場合、当社は事前に通知することなく、当該デジタル購読者に対するデジタル購読契約の解除及びサービスの提供を停止できるものとします。
(1) デジタル購読料金等の支払債務の履行を遅滞し、又は支払いを拒否した場合
(2) デジタル購読者の登録情報に虚偽又は不正確な情報が含まれていた場合
(3) デジタル購読者が指定したクレジットカードの利用がクレジットカード会社により停止させられた場合
(4) デジタル購読者の指定したクレジットカードの利用が不能となった場合
(5) 当社により、会員サービスから退会させられた場合
(6) 本規約に違反した場合
(7) その他当社が合理的理由に基づきデジタル購読者として不適切と判断した場合
2. 当サービスのクレジット決済は、各購読プランのデジタル購読契約中にデジタル購読料金の決済に使用しているクレジットカードの有効期限が更新された場合においても、次の課金基準日において当社クレジット決済システムにより本条1項4号に該当すると判定され、デジタル購読契約の解除が行われる場合があります。デジタル購読契約を再開するには、デジタル購読者自身により、有効期限が更新されたクレジット―カードで再度デジタル購読申込みを行う必要があります。
3. 当社によるデジタル購読者に対するサービス利用停止措置及び契約の解除に関する質問、苦情は一切受け付けません。
4. デジタル購読契約が解除された場合、デジタル購読者は期限の利益を喪失し、当社に対する金銭債務(サービス利用料金の未払い分を含みます)の一切を直ちに一括して履行するものとします。
5. デジタル購読者が会員規約第13条に違反又は本条1項各号のいずれかに該当することによって、当社が損害を被った場合、当社はデジタル購読契約の解除の有無にかかわらず、当該デジタル購読者に対して、被った損害の賠償を請求できるものとします。
6. 当社は、本条1項の規定による当サービスの利用停止により、デジタル購読者が損害を被ったとしても、当社は一切責任を負いません。

第5章 当サービスの停止、終了
第12条 当サービスの停止

1. 当社は、次の各号のいずれかの事由が生じた場合には、デジタル購読者に事前通知することなく当サービスの全部又は一部の提供を一定期間停止することがあります。
(1) 定期又は緊急のシステム保守工事のため必要な場合。但し、予定されたシステム保守による当サービスの提供停止については、デジタル購読者に事前に知らせることとする。
(2) 天災事変、停電、回線障害その他当社の責によらない事由により当サービスの提供ができなくなった場合。
(3) その他当サービスを提供できない合理的な事由が生じた場合。
2. 本条第1項に基づき、当サービスの全部又は一部の提供が一定期間停止した場合も、デジタル購読者は、当サービスの利用が可能であった期間については、デジタル購読料金の支払義務を免れるものではありません。
3. 本条1項に基づき、当サービスの全部又は一部の提供が一定期間停止した場合、当サービスの利用申込み又は解約を行うことができない時間が生じることがあります。これにより、デジタル購読申込者又はデジタル購読者に不利益が生じたとしても、当社は責任を負いません。

第13条 当サービスの終了

1. 当社は、デジタル購読者に事前に告知をした上で、当サービスの全部又は一部の提供を終了することがあります。
2. 当社は、前項の告知をもって当サービスの全部又は一部の終了に伴う責任を免れるものとし、会員はあらかじめこれに同意するものとします。

第6章 著作権
第14条 著作権

1. 当サービスの著作権は、当社に帰属します。また、当サービスを構成する記事、画像及びプログラム等(以下、総称して「コンテンツ等」といいます)の著作権その他の権利は、当社及び正当な権利を有する第三者に帰属します。
2. 当サービスの個々のコンテンツの著作権の帰属にかかわらず、それらのコンテンツのレイアウト、表示上のデザイン及び構造ならびにコンテンツを記録したデータベースに関する著作権は、当社に帰属します。

第7章 禁止事項
第15条 禁止事項

デジタル購読者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為を行ってはなりません。以下の各号に該当すると当社が判断した場合、当社は、事前に通知、または催告することなく、当該デジタル購読者について、本サービスを介して送信されたデータの削除、本サービスの利用の一時停止、登録アカウントの抹消および本サービス利用契約の解除の措置をとることができるものとします。
1. ニュースサイトまたはこれに含まれる個別のコンテンツ等を第三者へ提供・再配信する行為
2. ニュースサイトの正規機能によるものを除き、ニュースサイトまたはこれに含まれる個別のコンテンツ等の複製、編集、加工、翻訳、翻案、出版、転載、頒布、放送、口述、展示、販売、公衆送信(送信可能化、インターネット上のホームページ・イントラネット等への掲載を含む)及び改変をするなど、当社及び第三者の権利を侵害する一切の行為
3. ニュースサイトを、営利を目的として利用する行為、またはその準備を目的とした行為、詐欺等犯罪に結びつく行為
4. 他のデジタル購読者または第三者になりすまして、ニュースサイトを利用する行為
5. ニュースサイトの、もしくはニュースサイトに接続している他のコンピューターシステムまたはネットワークへの不正アクセスする行為、過度な負担をかける行為、有害なプログラムを送信する行為、その他ニュースサイトの運営を妨害する行為
6. ニュースサイトについて、データマイニング、ロボット等によるデータ収集・抽出ツールを使用する行為
7. 法令に違反する行為
8. 上記各号のほか、当社が不適当と判断する一切の行為

第8章 雑則
第16条 損害賠償

デジタル購読者が本規約に違反して当社に損害を与えた場合、当社から当該デジタル購読読者に対し、損害賠償を請求することがあります。

第17条 準拠法及び合意管轄

1. 本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。
2. 当サービスをめぐって当社とデジタル購読者の間に紛争が生じた場合、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所のみをもって第1審の専属管轄裁判所とします。

第18条 日本語版の優先的適用

本規約の原文は、日本語によって記載されています。英語版と日本語版で本規約の解釈に相違が生じた場合は、日本語の原文を優先的に適用します。

<別紙> デジタル購読プラン一覧

当サービスの各購読プラン、プラン変更の注意点を以下に記載します。

■ 購読プラン

・  STANDARD(月払)
・  STANDARD(年払)
・  PREMIUM(月払)
・  PREMIUM(年払)
(注)ePaper editionはPREMIUMの特典のため、単体での購読契約はできません。

■ プラン変更の注意点

契約期間中に、他の購読プランへの契約変更が可能です。但し、ドル払プランから円払プラン、円払プランからドル払プランへのプラン変更はできません。
プラン変更時に差額がある場合は、差額が課金されます。差額は契約期間中の各購読プランの経過日数により算出されます。
プラン変更後の次の課金基準日からは、変更した購読プランのデジタル購読料金が課金されます。

( 2013年10月16日 制定 )
( 2014年4月3日 改定 )
( 2015年4月1日 改定 )
( 2016年7月1日 改定 )
( 2020年6月30日 改定 )
( 2020年9月30日 改定 )
( 2021年2月15日 改定 )

閉じる
BACK TO TOP